日日々々

メンヘラキモオタヒキニート 三拍子そろったゴミクズ人間の日々常々変わらぬ毎日

Doki Doki Literature Club!(DDLC)をクリアしました ネタバレなしの感想

MHWのせいで全てがおろそかになっていた男、後藤海です。

 

フォロワーさんから教えていただいたゲーム、Doki Doki Literature Club!(以下DDLC)のスタッフロールを見たので感想を書きます。

 

ネタバレを避けつつ書いていこうと思います。クソムズイぞこれ。

 

 

このゲーム、キャラクターがすごく魅力的なんですよね。

 

クリアしてから「誰が一番好きだろう」と考えても決められない、それくらいみんな素敵な女性たちなんです。

そんな彼女たちと恋ができたら……そんな願望をこのゲームが叶えてくれるかもしれません。マジか。やべーな。

 

 

冒頭にやるべきであったあらすじの紹介をこれから始めます。

 

主人公であるアナタは文芸部の新入部員としてヒロインたちとの学校生活を送ることになります。その中でお気に入りのヒロインを見つけて距離を縮め、楽しい時間を過ごしましょう!

 

みたいな感じです。たぶん。ああ、次はヒロイン紹介だ……。

 

ストアページにも簡単なヒロイン紹介がありますが、英語だし味気ないしってことで。

 

 

ヒロイン紹介

 

サヨリSayori):出ました我らが幼馴染。自分よりも他人の幸せを喜べるとってもいい子。誰よりも主人公であるあなたのことを想ってくれます。ちょっぴりハネた髪の毛もキュートな優しいヒロインです。

 

ナツキ(Natsuki):最強属性ツンデレ持ち。可愛らしい小さな体からは想像もできないほどに気が大きく、言いたいことをストレートに言える子です。普段の言動とデレたときの態度とのギャップがたまりません。

 

ユリ(Yuri):オタクみんなの希望、文学少女。大人しい彼女ですが自身の好きな文学の話になれば話は別。深層の令嬢のようでいて傾城の美女でもあるような麗人さんです。オタクはみんな内気な女の子が好きだよ。

 

モニカ(Monika):気になるクラスのマドンナ。高嶺の花がこんなに近くに……!?な文芸部の部長さんです。おおらかそうな瞳に違わず、主人公にアドバイスをくれたり、部員たちのことをしっかり考えてくれたりと優しい性格をしています。

 

 

こんな感じですね。だいたい。

 

 

ここまで書きましたがネタバレなしだと彼女たちの魅力が伝わりきらないんですよね。なのでボクはプレイすることを強くお勧めしたいです。そして語りたい。彼女たちがいかに素敵な女性たちであるかを。

 

日本語化パッチも非公式のものですが有志によって作成されていますし、無料のゲームなので非常に敷居は低くなっていると思います。

13歳以上で心臓が弱かったり精神的に参っていたりしない方はぜひプレイしてみてくださいね。

 

いじょ

作曲生活 15日目

いまだにクッキークリッカーを遊んでいる男、後藤海です。

 

今回は環境音マシマシで作りました。

 

soundcloud.com

 

個人的に気に入っている音はえんぴつが転がる「カラカラン……」みたいな乾いた音です。よろしくお願いします。

作曲生活 14日目

あけましておめでとうございます。後藤海です。

 

今回の一曲はこちらになります。

soundcloud.com

 

作業中に一度PCが落ち、さらに一度FLstudioが落ちました。これは呪われた曲なのです。恐ろしいよ。

 

 

作曲生活 13日目

今年も残すところあとわずかとなりました。後藤海です。

 

今回の曲です。

soundcloud.com

 

 

違和感があるのは分かるのですがどうすれば解決するのかがイマイチわかりません。わかる人がいたら誰か教えてください。よろしくお願いします。

作曲生活 12日目

寒い冬にはやっぱりこれ。後藤海です。

 

今回はハードコアのつもりです。

soundcloud.com

 

わりとサクサクできました。結構気に入ってます。

 

個人的なお気に入りポイントはベルのぽんぽんみたいなところです。よろしくお願いします。

作曲生活 11日目

年の暮れにもあびーな男、後藤海です。

 

今回はかわいい感じを目指して一曲作りました。

soundcloud.com

 

あとどうでもいいんですがアイコンを変えたらエモい感じになりました。いえーい。

 

 

最近手が進まないことが多いように感じます。フォロワーの影響で「なんもわからん……」と言いながらMIDIコントローラをいじくり回していたりだとか。

 

それでも一応一日一曲はできているのでまあいい……のでしょうか。どうかな。

 

これはインプットを増やさないとならないということかもしれません。そうか。そういうことか。納得しました。文章にまとめてよかった。

 

いじょ

作曲生活 10日目

無職から週6勤務になった男、後藤海です。

 

最近曲が難産です。捻り出すという表現がぴったり当てはまるような感じ。

soundcloud.com

 

 

この難産を成長と取るかスランプと取るか、悩ましいところです。一曲にかける時間が長くなったと言うことは、それだけ考えて曲を作っているということ。

 

ということは、一曲一曲にかける情熱や知識が増えていると言うことでもあります。

 

もしくは、インスピレーションや何やらが得られず、一曲にかかる時間が長くなっているだけかもしれません。

 

 

どちらにせよ、ひとつの制作に時間をとられるようになってしまっていることは事実です。もっとサクサク作れるようになりたいなあ。

 

 

当面の目標として「100曲作る」という目標を自分の中で立てています。それまでにどんどんレベルアップしていきたいですね。

 

作曲生活10日目と銘打ってはいますが、実際には作曲を始めてから20日経っています。20日で短いものを30曲。ペースとしてはどうなんでしょうか。わからないですね。

 

今回の曲がテクノっぽいというお話があったので、11日目はテクノに挑戦してみたいと思います。頑張ります。